初代川瀬竹春 祥瑞四方形向付

初代川瀬竹春 祥瑞四方形向付

  • 作家名

    初代川瀬竹春

  • 作品名

    祥瑞四方形向付

  • サイズ

    巾14.2×高5.3㎝

  • 在庫数

    2

  • 略歴

    初代 川瀬竹春 <明治27年(1894)~昭和58年(1983)>

    明治~昭和の陶芸家。岐阜県生まれ。本名五作。

    祥瑞・赤絵・金欄手などを得意とした。宮内庁への上納もたびたび行なっている。

    明治40年(1907) 愛知県瀬戸で陶芸の修業を始める。

    明治43年(1910) 京都に移り初代三浦竹泉に師事。 

    昭和24年(1949) 神奈川県大磯の三井城山窯に移る。

    昭和41年(1966) 紫綬褒章受章。

    昭和44年(1969) 岐阜県大垣市より無形文化財に認定される。

    昭和44年(1970) 勲四等瑞宝章受章。

    昭和54年(1979) 「竹春」を長男順一に譲り「竹翁」と号す。

  • 備考

    こちらの商品は、1点よりご購入が可能です。

    こちらの商品はすべて作家による手作りですので、1点ずつ風合いが異なります。
    複数個ご購入された場合、個体差がある場合があります。予めご了承ください。

    店頭でも常時販売しておりますので、店頭にて売り切れてしまう場合がございます。
    その場合ご注文をキャンセルさせて頂く場合がございます。
    また作家の制作状況により、ご注文いただいた商品の生産が中止となってしまう場合がございます。予めご了承ください。

¥27,500価格
関連商品