小林東五 いらほ杯

小林東五 いらほ杯

  • 作家名

    小林東五

  • 作品名

    いらほ杯

  • サイズ

    巾9×縦8.3×高3.8cm 共箱

  • 数量

    1

  • 略歴

    小林東五 (こばやし とうご)   (1917年 - 1998年) 陶芸家

    井戸、粉引、三島、刷毛目など李朝高麗陶磁を継承する第一人者として知られています。

    1935年 小林全鼎の長男として京都に生まれる。
    1951年 父のもと、漢籍、書道、篆刻を学ぶ。
    この頃、陶芸の制作を始める。
    1973年 高麗陶磁の制作のため渡韓、主に三嶋系統の再現に力を注ぐ。
    1976年 日韓文化交流の一環としてソウルに於いて詩書、篆刻、陶磁の総合個展を開催。
    1979年 東京日本橋三越にて、詩書、篆刻、陶磁の総合個展を開催。
    1981年 長崎県対馬に對州窯を復興。
    2005年 作陶活動を休止。

  • 備考

    経年による細かな擦れ等ある場合がございます。予めご了承下さい。

    モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

¥55,000価格
関連商品