岩田藤七 ガラス盃

岩田藤七 ガラス盃

  • 作家名

    岩田藤七

  • 作品名

    ガラス盃

  • サイズ

    巾4.3×高5.4cm 共箱

  • 在庫数

    4

  • 略歴

    <岩田藤七> (いわた とうしち) ガラス作家

    岩田ガラス創設者。長男は岩田久利。

    日本のガラス芸術の開拓者であるとともに、世界のガラス芸術にも先進的な役割を果たし、藤田喬平など多くの日本ガラス作家にも影響を与えた。

    1893年(明治26年) 宮内庁御用達呉服商・初代岩田藤七の長男として東京日本橋本町に生まれる。

    1918年(大正7年) 東京美術学校金工科 入学

    1923年(大正12年) 西洋画科卒業後、今村繁三に吹きガラスを学びガラス工芸に転進。

    1930年(昭和5年) 岩城硝子を退社し、1937年パリ万国工芸展で銀賞を受賞。

    1944(昭和19年) 岩田硝子製作所を設立。(のちの岩田ガラス工芸)

    そこから帝展、日展等に作品を出品し、ガラスを芸術として見たガラスアート・ガラス工芸の地位向上に尽力した。

    海外での作品展なども行い、米メトロポリタン美術館にも所蔵されるなど日本におけるガラス作家の先駆的として知られている。

    1950年日展運営会参事、1951年日本芸術院賞受賞[1]、1954年常任理事、日本芸術院会員。1958年日展顧問、1966年日本工芸会理事、1969年毎日芸術賞受賞、1970年文化功労者。

     

  • 備考

    こちらの商品は、1点よりご購入が可能です。

    こちらの商品はすべて作家による手作りですので、1点ずつ風合いが異なります。
    複数個ご購入された場合、個体差がある場合があります。予めご了承ください。

    店頭でも常時販売しておりますので、店頭にて売り切れてしまう場合がございます。
    その場合ご注文をキャンセルさせて頂く場合がございます。

    経年による細かな擦れ等ある場合がございます。予めご了承下さい。

    モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

¥27,500価格
関連商品