堀口ガラス(須田秀石造) 瑠璃着義山向付

堀口ガラス(須田秀石造) 瑠璃着義山向付

  • 作家名

    堀口ガラス(須田秀石造)

  • 作品名

    瑠璃着義山向付

  • サイズ

    巾14.5×高6㎝

  • 在庫数

    8

  • 略歴

    <堀口硝子>

    大正時代から続く伝統のガラス工芸江戸切子。

     

    <初代:堀口市雄(1912年~1983年)>
    わずか10歳で叔父にあたる小林菊一郎に弟子入り。

    1947年、江東区大島2丁目に堀口硝子の前身となる工房を設立。
    1961年、初代秀石を号す。

    アイデアに溢れ、時代の最先端技術を駆使して新境地を開拓。

    現在の堀口硝子の製品作りに踏襲される斬新で新しいデザイン性の高さが魅力。

     

    <2代目 須田秀石:須田富雄  (1924年~2013年)>
    1936年、市雄と同じ工房に入門後、彼と行動を共にし右腕として活躍する。

    1985年、二代目秀石を継承、長年にわたって堀口硝子の工場長を務める。

    1991年、東京都江東区登録無形文化財に認定。切子職人として高度な技術を誇り、八角籠目文など繊細で緻密なカットを最も得意とする。

     

    参照

    https://www.kiriko.shop/html/page7.html

  • 備考

    こちらの商品は、1点よりご購入が可能です。

    こちらの商品は1点ずつ風合いが異なります。

    複数個ご購入された場合、個体差がある場合があります。

    予めご了承ください。

    店頭でも常時販売しておりますので、店頭にて売り切れてしまう場合がございます。
    その場合ご注文をキャンセルさせて頂く場合がございます。
     

¥28,600価格
関連商品