赤雲 金彩雲錦之図丸皿

赤雲 金彩雲錦之図丸皿

  • 作家名

    赤雲

  • 作品名

    金彩雲錦之図丸皿

  • サイズ

    巾17.5〜17.7×高1.8〜2㎝

  • 在庫数

    4

  • 略歴

    赤雲窯 (せきうんがま) 赤茶陶や割烹食器を中心とする京焼窯元

    1971年、京都五条にて開窯され、現在の宇治炭山の地に移り、先代から引き継がれた技術の光る京焼を作り続けています。

    初代岡田和夫は、金沢の九谷にて修行をし、京都において仁清の写しなど茶陶の制作に取り組みました。

    また九谷にて、釉裏金彩の高度な技法を修得し、その高い技術は当代の作る割烹食器などにも受け継がれています。

     

  • 備考

    こちらの商品は、1点よりご購入が可能です。

    こちらの商品はすべて作家による手作りですので、1点ずつ風合いが異なります。
    複数個ご購入された場合、個体差がある場合があります。予めご了承ください。

    店頭でも常時販売しておりますので、店頭にて売り切れてしまう場合がございます。
    その場合ご注文をキャンセルさせて頂く場合がございます。
    また作家の制作状況により、ご注文いただいた商品の生産が中止となってしまう場合がございます。予めご了承ください。

¥6,600価格
関連商品