黒田辰秋 箸置

黒田辰秋 箸置

 

  • 作家名

    黒田辰秋

  • 作品名

    箸置

  • サイズ

    各 巾5.3×高2cm 共箱

  • 数量

    5

  • 略歴

    黒田辰秋 (くろだ たつあき) (1904年9月21日 - 1982年6月4日)

    木工芸における初の人間国宝となった木漆工芸作家

     

    1904年(明治37年) 漆匠、黒田亀吉を父に生まれる。

    1924年(大正13年)頃に河井寛次郎の講演に感銘を受け、河井や柳宗悦らの民藝運動に加わる。

    1929年(昭和4年) 上賀茂民芸協団を組織。

    1934年(昭和9年) 個展初開催。

    1968年(昭和43年) 皇居新宮殿の拭漆樟大飾棚、扉飾、椅子、卓を制作。

    1970年(昭和45年)4月25日、重要無形文化財「木工芸」保持者(人間国宝)認定。

    1971年(昭和46年) 紫綬褒章を受章。

    1982年(昭和57年) 逝去

  • 備考

    経年による細かな擦れ等ある場合がございます。予めご了承下さい。

    モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

¥297,000価格
関連商品