2代 叶松谷 赤絵菓子鉢

2代 叶松谷 赤絵菓子鉢

  • 作家名

    2代 叶松谷

  • 作品名

    赤絵菓子鉢

  • サイズ

    巾19.2×高9.3cm 共箱 / 京都陶雅会のしおりあり

  • 数量

    1

  • 略歴

    2代 叶松谷 <昭和2年(1927)〜平成10年(1998)>
    昭和~平成の陶芸家。初代松谷の次男。京都生まれ。
    祥瑞・赤絵・金襴手などを得意とした。
    昭和19年(1944) 京都市立第二工業学校窯業科卒業、海軍甲種予科練習生として入隊 。
    昭和20年(1945) 初代松谷および叔父の叶光夫に師事、陶芸を学ぶ。
    昭和22年(1947) 青年陶芸集団グループ入会。
    昭和26年(1951) 八木一夫・鈴木治らとともに走泥社を結成。
    昭和28年(1953) 走泥社を退会。
    昭和35年(1960) 清水焼デザイン研究会創立(副会長) 。
    昭和40年(1965) 初代松谷没、2代松谷を継ぐ。
    昭和53年(1978) 皇太子御夫妻清水焼団地行啓の際、ロクロ成形を実演する。
    昭和56年(1981) 伝統工芸士の認定を受ける。
    昭和62年(1987) 京都府伝統産業優秀技術者賞受賞。

  • 備考

    経年による細かな擦れ等ある場合がございます。予めご了承下さい。

    モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

¥44,000価格
  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円

© 2020 Gallery Nisui All Rights Reserved.