2代 川瀬竹春 釉裏紅片口向附

2代 川瀬竹春 釉裏紅片口向附

  • 作家名

    2代 川瀬竹春 

  • 作品名

    釉裏紅片口向附

  • サイズ

    口径14.3 × 巾(片口込)17.1 × 高4.8㎝ 箱なし

  • 在庫数

    4

  • 略歴

    2代 川瀬竹春 川瀬順一 <大正12年(1923)~平成19年(2007)>

    昭和~平成の陶芸家。初代川瀬竹春の長男。京都生まれ。本名順一。

    京都市美術学校絵画科卒業後、父に師事する。

    初代竹春の技法を継承し、金襴手や染付、赤絵などを得意とした。

    昭和24年(1949) 神奈川県大磯の三井家別邸城山窯へ父とともに移る。

    昭和35年(1960) 古余呂技窯を築いて独立。

    昭和54年(1979) 2代川瀬竹春を襲名。

  • 備考

    箱はございません。

    こちらの商品は、1点よりご購入が可能です。

    こちらの商品は1点ずつ風合いが異なります。

    複数個ご購入された場合、個体差がある場合があります。

    また、古い作品の為、窯傷があるものがございます。

    予めご了承ください。

    店頭でも常時販売しておりますので、店頭にて売り切れてしまう場合がございます。
    その場合ご注文をキャンセルさせて頂く場合がございます。
    また作家の制作状況により、ご注文いただいた商品の生産が中止となってしまう場合がございます。予めご了承ください。

¥19,800価格
関連商品